国道252号再開通イベント開催中!!

5月8日(土)9日(日)の2日間、新潟県魚沼市入広瀬にある「道の駅」いりひろせで、国道252号六十里越雪わり街道の再開通記念イベントが開催されています。
国道252号再開通式
国道252号六十里越雪わり街道は只見町と魚沼市を結ぶ峠の愛称で、毎年再開通を祝してイベントが開催されています。各地域の協賛者の皆様のご協力により開催しているイベントで、只見町観光まちづくり協会が福島県側の事務局としてお手伝いしています。
8日(土)には式典が行われ、福島県、新潟県の関係機関の方々によるテープカットや、魚沼市の和太鼓「鬼面獅子山太鼓」が披露されました。また、当日会場にお越しいただいたお客様を対象に、只見、魚沼の宿泊施設のペア宿泊券や特産品などが当たる抽選会も行われました。只見町観光まちづくり協会からもつる細工のかごバッグやSLオリジナルグッズが入ったSLTシャツなどが商品としてプレゼントされました。当選された皆様、おめでとうございます。
また、ご来場いただいた皆様には六十里まんじゅうのプレゼントや、素敵な商品が当たるかもしれない無料抽選会などが行われています。9日も開催していますので、お近くに来られる際はぜひお立ち寄りくださいね。
観光客でにぎわう出店の様子  観光まちづくり協会も出店しています
その他只見・魚沼の物産品などを販売するブースもございます。地元の方と話をしながら、旬の味をお買い求めください。
私も8日に参加しましたが、魚沼の方や関東方面のお客様と話しながら、まだまだ知られていないこの地域の情報を、これからも発信していこう、と強く感じました。
9日(日)も午前10時より午後3時頃まで、「道の駅」いりひろせにて、おまんじゅうのプレゼント、無料抽選会、観光案内、物産販売を行っています。
*場所 JR只見駅より国道252号を新潟県へ向かって車で約45分。物産販売の他名物料理が食べられる食事処も併設しています。
ブナの新緑がまぶしい田子倉  只見沢付近の様子
田子倉から県境付近はブナの芽吹きが現在真っ盛りです。紅葉の田子倉も美しいけれど、やっぱり新緑の風景は格別です。雪の残る田子倉の澄んだ空気は、訪れる者に雄大な自然が創り出す巨大なキャンバスに描かれる風景のごちそうを
見せてくれます。この写真では伝えきれないので、実際に見ていただけたらもっと感激するだろうな、と思っています。
只見町観光まちづくり協会のサカイがお届けしました。


Message

CAPTCHA


Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKoreanThai