雪まつりに来場される皆様へ!

 おはようございます[emoji:e-44]
 昨日、今日とひさびさの快晴で、暦の上だけですが、春が一歩近づいてきたような気がしています[emoji:e-235]
 冬場の晴れ間は梅雨時の晴れ間以上に貴重で、太陽の恵みを実感させてくれるようです。
 今朝はマイナス11度まで冷え込み、雪が溶けだした道路は、スケートリンク並みに氷が張っていますので、
 皆さんどうぞご注意を[emoji:e-60]
 さて、只見ふるさとの雪まつりまで、あと10日を切りました。会場では毎日雪像作りが進められています。
宿泊の予約やシャトルバスのお問い合わせもおかげさまでたくさんお電話いただいております。
 お問い合わせの中で、服装について聞かれることが特に多いのですが、アウターは皆さんスキーウェアやダウン
ジャケットなど、暖かい服をお持ちの方もいらっしゃると思います。帽子、手袋や首元を暖めるマフラーなども
お持ちください。
長靴その1 長靴その2
 長靴の目安
 長い時間、雪の上で過ごす際に、もっとも大切なのが、足元です。県内の方ですと長靴をお持ちの方も多いと思いますが、雪のない関東地方からお越しの方は、水が入ってこない素材のスノーブーツなどをご用意いただくと安心だと思います。
 会場はすべて雪の上ですから、靴の中に厚めの中敷きを入れられると寒さをしのぐことができます。
また会場周辺の道路は、雪が降っている際は消雪用の水が出ていますので、水が浸みこまない靴がよいと
思います。
 最近ではおしゃれで手ごろな値段の長靴もありますよ。ただ、この冬は全国的に雪が降っているため、品薄状態が続いているようです。
 
 会場近くのお店でも、子ども、大人の長靴、長靴カバー(長靴の上にかけて雪が入ってくるのを防ぐスグレモノ)、手袋、帽子など取り扱っていますので、お店で探されるのも楽しいかもしれませんね。
 写真はスタッフMAKIさんが普段履いている長靴と、もう一人のスタッフの長靴を履いていただきました。
ひざ下の長さですが、普段の雪道ならこのくらいで大丈夫です。
 ちなみに、私はひざが隠れるくらいの長ーいサイズを使っています[emoji:e-257]今日のような晴れている日だと、少し恥ずかしいですが、大雪が降っても安心です。
 その他不安なことがございましたら、メール、お電話でお気軽にお問い合わせくださいね[emoji:e-85]
 一般社団法人只見町観光まちづくり協会
  電話0241-82-5250 メールinfo@tadami-net.com
 


Message

CAPTCHA


Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKoreanThai