只見町における米の放射性物質調査結果について

 福島県で調査している県内の米の放射性物質調査について、10月1日に只見町の調査結果が発表されました。
10月1日に福島県で公表された結果、只見町内で生産された米は、旧村の3地区8か所で検査された結果、いずれも放射性物質は検出されず、すべて出荷が可能となりました。
 只見町では環境放射線モニタリング調査でも、0.07~0.11程度で推移しており、非常に低い値ですが、今回、米の結果が公表され、農家の方々、町民の方々はもちろん、会津の米がおいしい、と待っていてくださるお客さまもほっと安心していることと思います。
 私の実家も先週稲刈りを終え、例年に比べると収穫量が減ったものの、安心して食べられるのかと不安に思っていました。毎年お米を買ってくださる方、親戚の方にもこれで安心して新米を送れると思うと、本当に良かったと思います。
 なお、他町村の結果および詳細については、福島県ホームページより水田畑作課のページにてPDFデータでご覧いただけますので、ご覧ください。
 サカイ[emoji:e-68][emoji:e-68] 


Message

CAPTCHA


Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKoreanThai