シャクヤク、収穫!!

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・

と昔から、美人を形容する言葉のひとつとして使われてきた「芍薬」。

 

この芍薬の根、生薬として使われているのはご存知でしょうか?

葛根湯などに配合され、薬効としては消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗けいれん作用があるそうです。

 

前置きが長くなってしまいましたが…

実はこの芍薬、只見で栽培されているのです!今回は芍薬の収穫現場にお邪魔してきましたー!

 

薬になるのは、お花ではなく「根っこ」の部分。

この地面の下の根っこを今から抜いていきま~す・・・

yama16

根っこは放射線状に生えているので、傷つけないように周りを囲むように掘っていきます。

yama18

ここからは手作業!気を付けて引っこ抜きます!

yama19

採れた―!!(^◇^)!!(この日はものすごい強風でした)

yama13

最後に茎と根をばらして、太さごとに分けていきます。ここももちろん手作業。

yama25

この根を3つくらいに株分けして、また畑に植えるのだそうです。

なかなか見る機会のない、「シャクヤクの根」。強風&雨の中、収穫お疲れ様でございました!

来年は私も参加させていただきます!

 

~また、只見のオリジナルブランド「只者じゃない」シリーズにも

ヤマサ商店さんの「シャクヤク飴」というのがありますので、ご興味ある方はぜひ~♪

(こちらは、花・花粉の部分を使った薄ピンク色の飴です(*’▽’))

Mai


Message

CAPTCHA


Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKoreanThai