雪のあいまに春がちらほら

田畑の雪はまだ1mくらいある只見町ですが、雪景色のあいまに、少しずつ春が顔をだしています。いまの季節は、登山やブナ林散策には早いですが、街中を自転車などで散策するのに、よい季節です。、
DSC_0116_11549.jpg
いち早く、緑色を見せるヤナギの仲間が川辺を染めています。よーく見ると、花穂とよばれる房状の花と、小さな葉が芽吹いています。

只見ダムから下流を眺めた風景。只見湖のまわりは、春の訪れが早い場所です。公園のコブシや桜のつぼみがほころび始めていました。
DSC_0131_11564.jpg
日当たりのよい路肩には、カタクリとキクザキイチゲが咲きはじめています。只見町では、カタクリは雑草と同じように道路わきや雑木林に生えているので、足下を探してみてください。
DSC_0097_11530.jpg
今年はブナの豊作年かもしれません。芽吹きはじめたブナをよく見ると、新葉と一緒にもさもさとした花が入っています。
DSC_0114_11547.jpg
只見ダムは5月末ころまで、排水して修繕しています。新緑の映る湖水をお見せできないのは残念ですが、ダムの全貌がよく観察できます。またかつての道路跡なども現れて、感慨深いものがあります。
DSC_0151_11584.jpg
蒲生岳の雪も落ちてきましたが、山はこれから雪崩の季節。岩場にへばりついた雪が登山道の上に降ってきます。また、冬の雪崩で登山道のあちこちが傷んでいて、これから点検・修繕します。山開きまでもう少し、お待ちください。
aki


Message

CAPTCHA


Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKoreanThai