町のパンフレットについて

大変お待たせしていました、只見町の総合パンフレットの増刷が本日納品となりました。今年度の増刷を行う際に、新たな情報を追加・修正を行いました。

まずは表紙です。表紙はこれまでと変わらず恵みの森を歩く子どもとお父さん、そしてガイドさんです。実はガイドのSさんのご家族がプライベートで来られた際の様子ということで、今回の増刷前の修正をしているときに、偶然知ることが出来ました。ありがとうございます。手前の小さなお子さんも、今は小学校6年生だとか。

つづいて、自然のページ。これまで大きく掲載されていた、浅草岳山神杉のブナ林にあった、ブナ太郎の写真ですが、一昨年ブナ太郎の幹が折れてしまい、現在と違う様子であることから、表紙と少し違う場所の恵みの森に変更しています。また、癒しの森の写真や、ただみ・ブナと川のミュージアムの紹介写真も変更しました。外観だけでなく、内部の様子や季節で異なる様子をご覧いただけるようになっています。

そして、食のページ。中ほどの写真がこれまで只見の酒としてはどぶろくのご紹介のみでしたが、岩泉、そして今年から発売となった米焼酎のねっかを只見線をバックに紹介しています。

ページ後半には、同じく今年からスタートした亀岡サッカー場に隣接する「ビーチバレーコート」と「トレーラーハウス」をご紹介しています。昨年から今年にかけて、只見町に新たな名所、新商品が誕生していることを、パンフレットを作成しながら改めて感じました。

最後は裏表紙です。左が昨年までので、右が増刷したパンフレットです。小出‐只見の縁結び列車については、当初今年の9月末までの運行ということでご紹介を控えておりましたが、期間は未定であるものの、しばらく運行しているということで紹介をしております。最近では縁結び列車と三石神社の鳥居を写真に収めると、良い縁が結ばれる、という新しい縁結びの楽しみ方が出て来ています。

総合パンフレットや町の地図などは、只見町や関係機関のご意見や情報を頂きながら作成しております。近隣の道の駅のスタッフさんからも、只見町の総合パンフレットは配布数が多く、すぐになくなってしまうという声も頂いております。この1か月在庫がほとんどない状態でのご案内でしたが、改めてこのパンフレットは町を紹介する際の基本になっているものであること、また、正しい情報を掲載するには多くの方に見て頂き意見を頂くことも大切であると感じました。8年前に初めて担当になって総合パンフレットを作ったときのことを思い出しながら修正をしていく自分と、ドラマの校閲ガールの主人公をほんの少し重ねてみたりしました。(気持ちです)単に誤字脱字だけでなく、常に新鮮な読み手で読む難しさも思い出しました。昨年までのスタッフが中心になって制作していたものを、今回久しぶりに読み直してみると、作り手の思いがこもった文章、写真が使われていると感じました。このパンフレットを見て、只見に来たい、行ってみたいと思い、旅行に訪れて下さる方までを結ぶ大切な商品を作っているのだと思います。

只見駅内インフォメーションセンターにありますので、ご覧になりたい方はご自由にお持ちください。また郵送を希望される方は info@tadami-net.com にてご住所などの情報をお送りください。メール便にてお送りしますので、お届けまで数日かかります。

酒井

 


Message

CAPTCHA


Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKoreanThai