只見駅入場券に特製ケースが完成しました!

只見駅フリークの皆様もそうでない方にも朗報です。只見駅入場券の特製ケースが完成しました。というわけでさっそく只見駅で入場券を購入してきました。140円也。

右側が外表紙、左側が内表紙です。メインの絵は【良い方の忠】でお馴染みの松本忠さんの書き下ろしです。作品名は【「春、結ぶ」只見駅】で滝神社側から只見駅を見た構図です。脳内で車両の後ろに私たちが手を振って見送っているのを想像お願いします。松本忠さんの作品を絵葉書にしたものを只見駅構内の弊社でお取扱いしております。様々な季節の只見線の絵葉書がありますので季節のお土産にどうぞ。


入場券を収納した図。


特に意味もなくズーム。


立たせるとこんな感じ。デスク横に飾ってみます。

制作はJR只見線利用促進実行委員会さんで、只見線の魅力を知るきっかけしてもらいたいとのことです。松本さんが仰った好きな言葉で「全部を列車で旅するのは難しい時代なのかもしれない。もし鉄道がある風景が素敵だと思ったのなら、駅に立ち寄って切符を買ってみたら。きっと素敵なお土産になるんじゃないかな。」があります(個人の感想)。きっとそーゆーことだと思います。
菅家T


Message

CAPTCHA


Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKoreanThai