浅草岳下見登山実施しました。

皆様如何お過ごしですか?只見町観光まちづくり協会の角田です。昨日6/19(火)に浅草岳を当日と同じルート(只見沢登山口~入叶津登山口)で下見登山を実施してきましたので皆さんへご報告とお知らせになります。

やはり浅草岳の代名詞と言えば「雪食地形」と「ヒメサユリ」ですかね。私としてはシラネアオイも好きなのですが…、毎年楽しみにして来られる方、今年こそはと思ってらっしゃる方も今年はまれに見るヒメサユリの当たり年だと私は思いますので是非足をお運びくださいね。

  

幽ノ倉沢に今年も仮設橋を設置しております。ただ一度に大勢の方で上られると危険ですのでお1人ずつ渡って頂く様にお願いいたします。

会津朝日岳に比べ倒木の数は少ないのですがない訳ではなかったです。登山道の整備も合わせて行ってきました。

旧避難小屋跡地から直角に小三本沢を渡るルートのみに雪渓がありますがアイゼン等は必要ないかと思われます。濃霧(ガス)がかかっていると視界が狭くなり登山道から外れる可能性もある為、山開き当日は役員が上記の「ピンクテープを巻いた竹」を目印代わりにご案内しますのでご安心ください。

山頂から見渡す景色や天狗の庭の草原に癒されるのもよろしいかと思います。

 

浅草岳は登山道が12kを超えるロングコースであり上級者向けの山ではありますが景色、草花の宝庫であり大変楽しめる山になってます。山開き当日は山頂を12時15分最終下山予定とさせて頂いております。役員がお声がけさせて頂く事がありますがお気を悪くなさないでください。全ては登山される方、サポートしていただける方、登山役員の安全を最優先に考えた事ですから。

皆様のご安全を役員一同心より願っております。当日山頂でお会いしましょう。

只見町観光まちづくり協会 角田


Message

CAPTCHA


Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKoreanThai