在りし日の観光協会

■こんにちぱ。観光協会のメロです。
1枚目、見えづらいですがすごい量の綿毛が待っています。眺める分には遠くから見ても近くから見ても百点満点きれいです。ただけっこう目や喉に入った気がします。ケサランパサランって正直これだと思う。
柳の綿毛
■柳の綿毛が風に吹かれて蹌踉めく様を見「はらはらと、まるで雪のやうです」ここにはいない誰そ彼を偲ぶような口調でそふ比喩する彼女のその端然とした心の在りように、わたくしは思わず目を叛けてしまつたのです……これが後にあのやうな顛末を呼ぶことにならうとは、この時分誰も、それこそ夢にも思つてはいなかつたのでございます。……次回、第二話に続かない。

真面目な本を読んだ事がないので文法などは夢の中で覚えました。
柳

■ヒメサユリはまだ少し早いようですネ。この写真はわが観光協会の誇る高機動系女子M・Yさんが三石神社入口から百合平まで行ってくれました。きっと息切れひとつせずに行ってこられたのでしょう。若い肺と健全な精神が羨ましい。
百合平


Message

CAPTCHA