いよいよスタート!第46回只見ふるさとの雪まつり

今年も始まりました、只見ふるさとの雪まつり。前夜祭に初めて会場に入ってきました。今日は快晴でしたので、会場がきれいに整備されていました。

まずは入場門です。毎年Jパワーさまによる力作がお客様をお出迎えします。今年のメイン雪像に合わせ、石垣が雪で表現されています。

さて、入場門をくぐると、只見町内に住む子どもたち(現在4才の児童)が書いてくれた火の用心。最初はまったく書けない子も多いのですが、100枚近く書いて配っていると、一人で上手に書けるようになります。只見弁で言うと「たいした上手に書けたがなばっかりで、たまげた。」という最上級の褒め言葉をかけてあげたくなる作品です。このお札は町内の家々で見ることができます。

 
今年の大雪像は、戊辰150年にちなんで、会津の戊辰のシンボルとも言える鶴ヶ城が再現されています。メイン雪像にステージが設置され、明日から様々なイベントがここで行われます。今日は只見町のブナりんと、会津若松市の八重たんがステージに来てくれていました。丸っこくてかわいいですね。

今年の雪むすめとして活動してくださっている、渡部さんと飯島さん。今日は緊張した様子でしたが、明日からの2日間、ステージでも大活躍されます。皆さんぜひ雪むすめさんを見かけたら、お声掛けしてくださいね。

  

そして前夜祭の特別ステージには明日も出演して下さるmai&Daiki. のお二人がステージを披露して下さいました。二人のかけあいと歌を聴きながら、只見そば部会のおそばを食べていました。maiさんはお母様が只見町出身ということで、今回雪まつりに出演して下さることになりました。寒い中での水色のドレスを着てのステージ。子どもたちが寒くないのかな~と心配していましたが、伸びのある歌声を聴くことができました。来場者は多くありませんでしたが、明日から仕事本番の人にとっては、今夜の前夜祭がゆっくり見られる唯一の時間となりました。民宿の方やスタッフの方も来場していました。明日もよろしくお願いします!

会場には戊辰150年にちなんだ雪像や、歴史的な建造物を雪で再現しているところもあります。また、かまくらが今年はまた大きい!来場された方は只見バージョンのかまくらを楽しんでください。

明日は10時から開会式です。福餅まきも行われます。

2/10(土)プログラムです。美味しいもの食べに、会いたい人に会いに、雪まつりに来てけやれ。

10:00開会式 10:30梁取太々神楽 11:30mai&Daiki.オンステージ 12:30郷土芸能発表 14:30岡本知高オンステージ 15:30長岡市前田剣豪会による剣舞 16:00ゲームイベント(雪国ならではのゲーム)17:00雪中大神輿(参加大歓迎)18:00厄払いの儀、おんべ(お餅を焼いて無病息災)19:30祈願花火大会(晴れますように!)20:30 1日目終了

車でお越しの方、くれぐれもお気をつけてお越しください。只見線や会津鉄道、東武鉄道をご利用の方も、お待ちしています。

サカイ


Message

CAPTCHA