浅草岳下見登山を実施しました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。初夏の匂いが香る良い時期となりました。

さて、今回は只見四名山山開き前に実施しました浅草岳下見登山の様子をお伝えしたいと思います。例年6月の第4日曜日(令和2年度は6/28(日))に実施している只見町で一番遅い山開きは新型コロナの影響でやむなく中止となり、自主登山とさせて頂く事となりました。あらかじめご了承頂ければ幸いです。

だが、ご安心ください。開山式やふるまい、シャトルバスの運行、役員による同行等は行いませんが、登山道は後日キチンと整備します。今回は下見登山当日の様子をご参考までにお伝えできればと思います。

※なお、諸事情により下見登山実施者からの情報提供により記事を作成しております。

田子倉眺めから鬼ヶ面山を望む。浅草岳山頂は右上になります。

※今回ご紹介するルートは例年の山開きルートです。今年は只見沢登山口までのシャトルバスや、入叶津登山口でタクシーは待機しておりませんので、このルートで行く為には2名以上で車を2台用意する、または事前にタクシーを予約する等が必要になりますので、ご注意ください。

参考タイムとしては往復で9時間。只見四名山の中で一番のロングコースで、只見沢登山口から山頂まで約5.5km(往復だと11km)、標高差は約1065m、入叶津登山口からは約7.5km(往復で約15km)で標高差は約1145mとなっています。ピクニック気分で登れる山ではありません。初心者は登山教室やガイドツアー、経験者を擁したグループに参加するなど検討された方が無難です。当協会でガイド依頼も承ってますので、お気軽にご相談ください。

只見沢登山口は細くやせた尾根で、背後に田子倉湖、横目に鬼ヶ面の断崖を眺めるパノラマコースや、ブナの原生林の合間を歩くバラエティーに富んだコースであり、花の種類も豊富です。

山頂から入叶津登山口へは、天狗ノ遊び場と呼ばれる草原を下り、夏まで雪渓の残る小三本沢を渡って、鬱蒼としたブナの森を下ります。

北岳、鬼ヶ面山、南岳の連山を望む。雪食地形が良く分かるかと思います。※今回のルートではありません。

天狗の遊び場と呼ばれる大草原。草原の環境保全の為、木道から外れない様、お願いします。

避難小屋跡地から直角に小三本沢を渡りますが雪渓に覆われています。写真では分かりづらいですが、勾配が急なのでゆっくり、焦らず行きましょう。

雪渓を下りて撮った写真。設置されていた木道が年々壊れて行きます。改めて雪の力を思い知らされます。只見沢登山口~入叶津までの危険個所としてはここ位でしょうか。

 

昭文社発行の『山と高原地図・越後三山』に収録されている浅草岳の登山地図を閲覧できます。登山計画の参考にしてください。

⇒ 浅草岳地形図はこちらからダウンロード出来ます。

只見沢から入山し、入叶津に下る場合の手書きの高低図。実はこっちの方が見やすいのは私だけでしょうか?

⇒ 浅草岳の高低図(浅草岳手書きマップ)はこちらからダウンロード出来ます。

花の種類が豊富な事で知られる浅草岳。こちらで少し紹介させて頂きます。

山頂付近のヒメサユリの群生地。こちらはまだつぼみでした。

アカモノに囲まれたヒメサユリ。

担当一押し!シラネアオイ。ヒメサユリと同時に見れるのは今の時期だけの特権です。

皆さんご存じウラジロヨウラク。真ん中にあるのは…何でしょう?

ミヤマカタバミ…だと思うんですが。

ギンリュウソウ。ある一定の場所にしか咲きません。見つけるのも楽しみの一つですね。

マルバマンサク。注意深く見ないと見落としがちです。

ゴゼンタチバナ。

登山における一つの楽しみでもある山野草の観察。是非一度足を止めて見て頂ければ、新しい世界が広がるかも知れませんよ。(自分だけの”ザ・ワールド”を展開しましょう)

2021浅草岳登山記念バッチ。浅草岳をバックに町の木、ブナがデザインです。今年は初の試みで木製で作成しております。

記念バッチは例年通り作成しております。今年度はユネスコエコパークの登録地である事やSDSsを推進する町としてもPRしたい為、バッチを金属製から木製に変更しました。配布は6/13(日)から観光協会2か所の窓口(ログハウス事務所、只見駅構内インフォメーションセンター)で配布いたします。開山日当日の会場での配布は行いませんのでご了承ください。例年通り登山バッチの郵送や送付は行っておりませんが、やむを得ない場合は事前にご相談ください。

例)窓口まで行ったが閉まっていた等。※営業時間は9時~17時です。

緊急事態宣言が延長となり、県をまたいでの往来が自粛傾向となっております。登山や観光で来町されるお客様につきましては、充分な感染症対策を行って頂きますようお願いいたします。

山におけるケガと弁当は自分持ちと言いますが、登山される皆様の笑顔と快晴をお祈りしております。どうぞご安全に。

只見町観光まちづくり協会


Message

Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKoreanThai